World-Binary.com

一目で分かるバイナリーオプション

FXでレバレッジをどう使うか

oiusere FX取引は、2つの通貨を売買して利益を求めていく金融商品になります。先物取引や株取引よりも、比較的少ない初期資金ではじめられることや、24時間いつでも市場が空いており取引が行えるなどの事から、初心者の投資家を中心にして人気を集めている投資取引なのです。

FXでは、主として外国為替相場の為替相場の変動を利用して、利益を求めていくことになります。
多くの場合、通貨と通貨の為替相場の差益というものは、経済情勢や企業や国家の輸出入、そして投資家たちの通貨売買などにより細かい変動を繰り返しはするものの、それほど大きくはならないことがほとんどです。

例えば、アメリカの米ドルと日本の円を通貨のペアとして売買した場合、一日の平均的な値動きは、大きく動いたとしても1、2円ほどになります。1ドル100円の相場があったとしたら、それが1ドル101円になるぐらいのものですので、例えば1万ドル分を100万円で買ったとしても、それが101万円になる程度になりますので、それほど効率が良いとは言えません。

こうした事をクリアするために、FXでは「レバレッジ」という仕組みを用意しています。
レバレッジは、扉の取っ手であるレバーから来た言葉で、小さな力で大きな力を生み出す「てこの原理」のような効果があることからこう呼ばれています。

FX業者を介してFX取引を行うのですが、その際に顧客は取引口座を作り、そこに証拠金を預けます。
この証拠金を担保にして、実際に取引を行う際に投資する金額を何倍にもし、より大きな資金で投資を行うことをできるようにするのが、レバレッジの仕組みになります。

投資金額に対して、その効果を大きくするために、利益を大きくすると同時に損失も大きくしてしまう、いわゆるハイリスク・ハイリターンの取り引きになために、使用には注意が必要ですが、レバレッジをどのぐらい使うのかは投資家が自分で決めることができるので、しっかりと管理が行えればそれほど心配をすることはありません。

レバレッジの大きさは、FX取引業者によって様々ですが、国内業者であれな最大で25倍、海外では数百倍ものレバレッジを用意している業者も存在します。
例えば、先の例で国内業者の最大レバレッジである25倍を掛けて取り引きをすることにした場合を考えてみましょう。

1ドル100円のドルを1万ドル分買うためには、本来であれば100万円が必要になります。しかし、25倍のレバレッジを使えばわずか4万円で、これと同じ取り引きができることになるのです。
先ほどの為替レートの変動と同じく1ドルが101円になったとしても、4万円の投資で1万円の利益になりますので、充分な利益率と言えます。
また、100万円の資金が用意できるのであれば、これにレバレッジを効かせることも可能ですので、これにより一気に25万円もの利益を得ることもできるのです。

もちろん、先の出たとおりにレバレッジは損失も大きくしてしまいます。
今の例では、25倍のレバレッジで4万円を投資して1万ドルを買っていたパターンと、同じく100万円を投資して25万ドルを買っていたパターンがありました。
この時の為替レートは1ドル100円が101円になりましたが、これが、99円に下がった場合は、4万円の投資では1万円の損失、100万円の投資では25万円もの損失になってしまうことになります。

このように、レバレッジは少ない投資でも大きな利益を生みだしてくれる、有効的な仕組みではありますが、充分に注意を払って使用していく必要がありますので、はじめのころは小さくレバレッジを掛けて、少しずつ慣れていくことをお勧めします。

利大損小
FXで利益を出す時の考え方として利大損小という表現がありますが、利益を大きくして、損失を小さくという事で、勝つ為には当然の事です。しかし利大損小というのは人間が行うには非常に難しいもので、どうしても利益を伸ばせずに利益確定したり、損切り出来ずに損失を拡大させてしまいます。

結果的に利小損大という事になり、小さな勝利を100回重ねても、大きな敗北一回で退場になります。損失を認めて損切り出来るか、利益を求めて勇気を出して持ち続けるかは、FXで勝ち負けを決めるメンタリティです。