World-Binary.com

一目で分かるバイナリーオプション

FXを始めるには円高がよい?円安がよい?

oiusere 1ドル90円台だった円高の頃によく見かけたり聞いたりしたのが「FXを始めるなら超円高の今が最適!」といったような広告ではないでしょうか。証券会社や数々のFX業者が口を揃えて売り出していたと思います。しかし実は超円高がFXに最適かどうか、スタートするのに絶好のチャンスになるのか、という点は半分正解でもあり半分間違っているとも言えるのです。

というのも、FXの特徴は取引をスタートするにあたり「通貨を売る」ことも「通貨を買う」こともどちらからでも始められるからなのです。この点が外貨を扱う投資である「外貨預金」との大きな違いでもあり、FXの魅力でもあります。通貨を売ることから取引を始めることができるということは、円高ではない円安のタイミングでも利益を得るチャンスがあるということであり、超円高だからFXを始めるべき!というものでもないのです。もちろんこれが外貨預金であれば超円高の状態は始めるべき最高のタイミングとなるでしょう。しかしFXの場合は円高、円安双方どちらでも利益を出せる可能性があるので、そこが外貨預金とは大きく異なる点になります。

FXは始めたいと思った時が始め時、円安の状態だったとしても売りから入ればその後円高傾向に向き始めることで差益が出ます。逆に今後円安方向に進みそうだと予測するのであれば買いから入ればよいわけです。

ですから、円高が落ち着いてしまった今、FXを始めるタイミングではなくなってしまったなと落胆している方がいるのなら、そこは違うと思ってください。FXは円高であっても円安であっても利益は見込める、動いている市場ならいつでもチャンスはあるのです。

但し、FXでもスワップポイント狙いの取引スタイルをとりたい方は円高、円安の状況を把握しなくてはなりません。スワップポイントを得るためには、基本的に円高の時にポジションを持ち円安になってから決済することで利益を得るため、この場合は超円高の時が始めるジャストなタイミングだったとも言えます。ちなみに円高円安など世界の経済状況を詳しく説明してくれるBinary88では、実際の取引を始める前にデモ口座での体験ができます。経済状況の情報を集めて自分で把握しながら、デモ取引で取引に慣れていくのもFXを始める上で大事な過程となります。

利大損小
FXで利益を出す時の考え方として利大損小という表現がありますが、利益を大きくして、損失を小さくという事で、勝つ為には当然の事です。しかし利大損小というのは人間が行うには非常に難しいもので、どうしても利益を伸ばせずに利益確定したり、損切り出来ずに損失を拡大させてしまいます。

結果的に利小損大という事になり、小さな勝利を100回重ねても、大きな敗北一回で退場になります。損失を認めて損切り出来るか、利益を求めて勇気を出して持ち続けるかは、FXで勝ち負けを決めるメンタリティです。